患者さんと二人三脚で治すメニエール病

めまいメニエール病

つらいめまい、妊娠中や糖尿病、癌などステロイドを使うことができない方はご相談下さい

 当院は平成元年より難聴や耳鳴り、めまいに悩む多くの患者さんと接してきました。当院を訪れる患者さんのほとんどは、病院でも治らず、どうすれば治るのか迷っている人ばかり。

 専門外来は、患者さんと一緒になって希望の光を見つけるため設立しました。専門外来の意味は処置に急を要し、専門的な治療が必要ということ。メニエール病は発症してから1時間、1日と経過するにつれ治りにくくなる病気です。

 メニエール病は、女性に多く発症し、はじめは突発性難聴と診断されるケースも少なくありません。また、繰り返し発症し、どんどん悪化していく病気でもあります。そのため、患者さん一人ひとりと向き合い、二人三脚でこれからの治療、対策をおこなっていきます。メニエール病には鍼灸治療が最も効果的です。共にめまい、難聴を克服していきましょう。

当院のメニエール病治療の特徴!

01 ステロイドや高圧酸素療法などの副作用がない治療
 ステロイドや高圧酸素療法では、どちらも身体に大きな負担がかかるため、めまいや症状の悪化などの副作用が起こる場合があります。その反面、当院での鍼灸治療は、患者さん一人ひとりの状態、体質に合った無理のない治療で安心して治療を受けていただけます。鍼灸治療は、妊娠中、授乳中、癌、糖尿病などステロイドを使えない状況でも治療可能となります。
02 患者さんが納得するまで丁寧にご説明!
 当院では、的確な問診と患者さんの身体の声にも耳を傾け、現在の病状とこれからの治療方針、経過などを丁寧に対応、ご説明させていただきます。気になっていることすべてを吐き出し安心して治療に専念していただきます。
03 安全・安心・信用を徹底した高水準の治療!
 当院の理念として、安全・安心・信用があって初めて治療が成り立つと考えています。
 1本1本滅菌処理されている使い捨ての鍼を使用することで安全を確保。その中でも髪の毛より細い鍼を使用することで恐怖感を軽減し、鍼は痛くないことを知ってもらいます。当たり前のことですが、当たり前のことを徹底することで患者さんに安心してもらい信用につながると考えています。
04 最小限の負担で最大限の治療を実現!
 上記3つの理由が合わさることで初めて実現する治療効果があります。一番大事なことは患者さん第一主義!患者さんが本気で病気と向き合う環境を整えることで回復する可能性が高まります。
また、鍼灸治療は副作用がないといっても全身の血流が改善するため、走った後の疲労のような状態が出てしまいます。そのため、ツボ、治療法を見極めて体にかかる負担を最小限におさえることで、治療効果は倍増します。
05 国家資格保有で、各専門分野の鍼灸師が担当します!
 当院スタッフは全員、厚生労働大臣の行う鍼灸師国家試験に合格した鍼灸師。治療に使う道具は鍼とお灸のみ!当院勤務後一定年数以上の実務研修を経た後に各専門分野の治療に専念するスペシャリストです。

こんな症状は赤信号!一日でも早い治療が必要です!

  • グルグルめまいがしている
  • めまいを繰り返す
  • 聞こえが悪くなった
  • 病院で治療しても変化がない
  • 妊娠中・授乳中・癌・糖尿病などで薬が使えない
  • 寝不足や首肩の凝りが気になる
メニエール病問い合わせ

治療実績

 下の表は、メニエール病患者さんの治療前後の変化となります。治療前後で、耳鼻科等で検査した聴力検査の変化をあらわしています。


■50代女性

50歳メニエール病

発症年月日:2009年11月
初診日:2009年11月
治療前検査日:2009年11月
治療中検査日:2010年1月
備考:メニエール病
めまいが激しい為、在宅での治療


活動実績

メニエール病治療セミナー

 当院グループでは、メニエール病に関わる鍼灸師向けの治療セミナーをおこなっております。また、関係学会に参加し、院内勉強会で情報共有することで、より先進的、高度な治療を患者さんに提供するための取り組みもおこなっております。

関連する参加学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本小児耳鼻咽喉科学会
  • 全日本鍼灸学会

難聴治療セミナー

東洋医療臨床技術大学校アカデミー

第1期(2009)~第8期(2017) 難聴治療セミナー

執筆・取材掲載

鍼灸ジャーナル

鍼灸ジャーナル

医道の日本

医道の日本2

治療の実際

メニエール病の問診

 当院では、まず患者さんからメニエール病になった前後の体の気になる症状、どんな時に気になるのか、めまいや耳の症状が悪化するのか内容をうかがって、症状の原因を突き止めます。

 問診後は、実際にどのような状態なのか、メニエール病によって影響されているのはからだのどこなのか確認するための検査をします。
また、脈をみることで、自律神経の変化や生理周期の変化も読み取ることができるため確認します。


メニエール病の治療

 問診と検査等の後は、ベッドに横になってリラックスしていただいた状態で治療を開始します。
(上の写真は、わかりやすくするため座っています。)

鍼は髪の毛と同じくらいの太さ0.1mmほど、お灸は、火が直接肌に触れないものを使用していますので、火傷やお灸の痕が残る心配を極力減らします。
お灸にはリラックス効果だけでなく、血行の促進や抵抗力を高めて体を強くしてくれるといった様々な作用があります。また、鍼治療の後にお灸をすることで、治療効果が持続する作用もあります。

めまい、難聴さようなら

 メニエール病は、ストレス病です。そして、内リンパ水腫、つまりむくみが原因なので、水分を制限したり利尿剤を用いたりして、むくみをとる治療をします。

でもその一方で、ストレスで上昇した抗利尿ホルモンが内リンパ水腫を誘導するので、単純に普段から水分を余計にとることで、抗利尿ホルモンを出にくくしようとする治療も注目されています。理屈を考えると両方とも正しいように思えますが、実際には、患者さんに水分を飲ませたほうがいいのか、飲ませないほうがいいのかわからなくなります。

ここで活躍するのが鍼灸治療です。鍼灸治療は、単純に、メニエール病の症状である、めまい、耳鳴り、難聴を治療することも可能ですが、体に溜まったストレスにより、自律神経の交感神経が高ぶっている状態を落ち着かせてあげることができます。そのため、全身的にストレスを解除、メニエール病の治療と予防につながります。

これは、鍼灸治療でしかできない治療法です。メニエール病によるめまいや難聴でお悩みの方は、1日でも早く専門の鍼灸治療をしましょう。


メニエール病問い合わせ

ページの先頭へ